FC2ブログ
小さくて可愛いチェリー、甘酸っぱいストロベリー、熟した魅力ピーチ…貴方はどんなフルーツがお気に入り? あなたを官能の世界へ誘うフルーツたちの世界へようこそ♥
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どぅも、楠木羅夢です
今の所、日記に書ける出来事が起こらないので、そういった出来事
があるまでは、体験談を書いていこうかと思います
体験談

今回の体験談は、ネットゲームで知り合った人とのお話です
私の性格上、Hな話はしょっちゅうしてるんですけど(相手によるけど)
私はその人の事は「さーちゃん」と呼んでいたんですけど、ここでは仮
にSとしておきましょう(ちなみに私のキャラは○○の女王という名前だ
ったので女王と呼ばれてました)
Sとは相談したりされたりの仲だったんですが…やっぱり相手も男の子、
Hな話大好きなんですよね。ちょぃHだった話が段々とエスカレートし
ていったりして・・・陵辱願望とか野外プレイ願望とか・・・痴漢プレイして
みたいなんて話もするようになってからは、

S「満員電車の中でマンコ弄くってあげようか?それともローターでイ
  かせてあげようか?」

なんてもう身体の疼くようなコメントを返してくるようになったり…
こんな事言っているけれど、実際の所まだ彼はチェリー君。経験なん
て全くないし、知識はどれもAVとか同人からのものなわけなんです
けど・・・それでも私の身体は悦んでました

私「さーちゃんがそんな事言うから私、濡れちゃったじゃん・・・」
S「何だ女王、ホントにされたがってんの?エロだなぁ」

日々、そんな会話のやり取りばかりで私は欲求不満
そんな話をしては手はパンティの中へ…自分で慰めてしまったり
そんなある日、Sとリアルで遊ぶ事になったんです。私がカラオケ行き
たいとずっと言っていたためだったんですが、その時は私、風邪の治
りかけで喉の調子がおかしかったため、急遽カラオケを取り止めて、い
きなりSの部屋へ遊びに行くことに・・・
表には出してなかったけど…いつもあんな話ばっかしてるわけだから
期待するなって方が無理
けどSはHの経験は未経験だから…そうそう発展しないかな?・・・とも
思ってもいました

Sの部屋についてからは、暫くSはいつものネトゲをやっていて、私は
それをPC机の真横のベッドに腰掛けて大人しく横でみてました


S「何だ、今日の女王は静かだな」
私「いやだって、ゲームしてる横で話してたら気が散るでしょ?」
S「いつもは痴漢プレイしたいとか、アオカンしてみたいとかやらしい
  事ばっか言ってるくせに」
私「・・・えっ・・・いや、その・・・り、リアルでは私そんな事言わないもん」
S「ええ~、意外」

実際、大胆に振舞うのはネットの中だけで、リアルでは恥ずかしがり屋
そんな私はアレして欲しいとかコレして欲しいとか言えない方・・・
小説とか文章では散々書いてますけど、陰部の名前も口にできない性格
なんです(*ノωノ)

そんな時でした

S「女王、可愛いとこあるじゃん・・・」

そう言って、Sが私の上に覆いかぶさってきて・・・激しいキスをされま
した。同時に胸を服の上から揉まれて・・・Sの口の中でHな吐息を吐い
てしまう私
Sはそのままブラジャーごと服を胸の上まで引き上げて、むき出しにさ
れた私の乳房を両手で揉んできました
そして舌や唇で乳首に愛撫を受けて・・・身体はどんどん熱く

S「女の胸って柔らかくて気持ちい」
私「あっ・・・あっ・・・あたしも・・・気持ちい・・・」
S「女王って結構敏感なんだ。可愛いよ・・・」

Sは私のパンティを脱がして私の股の間に割って入ってきました

S「マンコ・・・本当に毛がないんだ」
私「や・・・言わないでよ、恥ずかしい・・・」
S「いや凄く綺麗だよ。初めて見たけど、とても綺麗」

そう言ってSは私のアソコを舐めてきました。まだチェリーな彼の愛撫
は微妙にポイントがずれていたので、もどかしい快感しか得られなかっ
たんですけど・・・それでも久々の舌愛撫に喘ぎがとまりませんでした
Sの指が花びらを割って膣(中)に入ってきました

私「あッ・・・・あんッ♥」
S「うわ・・・中、超濡れてる・・・トロトロだよ」
私「やだ・・・嘘」
S「だって、ほら・・・」

そう言って、Sは挿れた指2本を膣でぐにぐにと動かして私に音を聞か
せてきました

ぐちゃぐちゃ・・・ぐちゅぐちゅ・・・

卑猥な水音・・・凄く濡れてる・・・それを実感させられて余計に私の身体
は熱くなってしまいました
Sは指を激しく動かしてきました

私「あッ!! あッ!! 気持ち・・・あんッ・・・あんッ♥」

人によってGスポットの位置っていうのは違いがあるらしいですが、
チェリーなSに私のGスポットが直ぐわかるはずもないのに・・・的確
に攻めてくるんですよ
彼の手マンの気持ちよさに私はただ喘ぎまくり

どれだけの男性が知ってるかはわかりませんけど、女性の性タイプ
には2種類あるんですよね
膣タイプ、クリタイプというらしく…膣タイプは膣でイきやすいタイ
プで、、クリタイプは膣でイきづらいけどクリトリスでイクタイプな
んだそうです(だからって膣が気持ちよくないわけじゃないですよ)
私は後者。クリが弱いタイプです。なので、クリをしっかり攻めてく
れないとまず挿れられてもさして気持ちよくならないです
小説の描写にクリ攻めが必ず入っているのはそのせいが大きいかも?w

―――――ともかく話を戻して

Sの舌愛撫は気持ちがいいけれどイクまでに至れなかったけど、手マ
ンがやたら気持ちイイんです
今まで手でそこまで気持ちいいと思った事はなかったんですけど・・・
膣でイった経験じたいが私は実はあまりなかったのですが、あまりの
彼の指の良さに・・・

私「あッ・・・イク!! イク!! あァ~~~~~~~~~ッ

イかされちゃいました(*´д`*)
こんなに気持ちよかった手マンは初めてでした・・・私は結構経験数が
ある方だろうと思いますけど、手でイクのは初めての事でした

その後は彼のペニスをオマンコにずっぽり
チェリーな彼なので・・・そんなに長持ちはできなかったですけど、と
ても気持ちよかったです
その後もSとは3、4回くらいHしたかな・・・欲求不満の時に
Sの方からもHしたい言ってきてした事がありましたけどね

はぅ~~~~・・・
こんな事書いてたら・・・またHな気分になってしまいました(*ノωノ)
疼いちゃう
・・・そういう感覚も味わいたいから実は書いてるんですけれどね
やっぱり私はMなのだと思います

・・・今から思うと・・・さーちゃんに痴漢プレイしてもらえばよかった
なぁ。指でイかせてくれるんだもん、きっと上手く痴漢プレイして
くれたはず・・・
実際の彼も恥ずかしがりさんで、リアルではやっぱ無理wと言って
ましたけど・・・何とか言いくるめてしてもらえばよかったなぁッ

では、また次回の日記で・・・羅夢でした
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://fruit69basket.blog.fc2.com/tb.php/19-6fdb93ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。