FC2ブログ

◆◇◇◆◇◇◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

お兄ちゃんと私❤4~レミ[3]

登場人物

♥来見沢秀一
  あまり普通ではない趣味を持つ大学生の男。頭は中の上くらいで、
  エッチに関する事にだけ頭が回る。モテるわけではないが、モテ
  ないわけでも特にない普通の容姿の男性

♥来見沢レミ
  秀一の7歳違いの。いつも頭をツインテールにしているロリっぽ
  い顔だちの巨乳美少女。しょうもないのせいであまり勉強は得意
  ではない


▼ レミ


 3月とはいえ・・・まだ上旬の外気は冷たかった。
 あの後・・・何も聞かない、秘密にするという交換条件にアソコを・・・
オマンコを見せるという条件を飲んでしまった私は・・・誰も来ないだろ
う場所、学校の屋上に来ていた。
 屋上に出るドアは四角い小屋みたいになっていて、上には貯水棟が
のっかってる。その裏手に私と鷹尾くんはいた・・・ここなら万が一、誰
かが屋上のドアを開けても、ドアとは反対側だから見られる心配がない
から・・・。
「じゃ・・・じゃあ、見せるから・・・誰にも秘密だよ・・・?」
 段になった場所に腰掛けてスカートの裾を持ち上げようとした時だっ
た。鷹尾くんが口を開いた。
「あ・・・あのさ・・・その、おっぱいも見たいな・・・」
「え・・・!?」
 アソコだけでも恥ずかしいのに、鷹尾くんは胸まで見たいと要求し
てきた。
「そ、そんなぁ・・・アソコだけって言ったのに・・・」
「だけって言った覚えはないけど・・・見せてとは言ったけど・・・男子生
徒憧れの的の来見沢のおっぱい・・・見れるチャンスなんてないし・・・ず
っと見て見たいって思ってたんだ・・・ダメ、かな・・・」
「ずるいよ鷹尾くん・・・」
「聞かないで欲しい、誰にも言わないでくれって来見沢だって二つも
要求してるじゃん・・・俺、1個しか頼んでないけど・・・あ、嫌だったら
いいんだ無理しなくても、ごめん・・・」
 鷹尾くんにそういう意思はないのかもしれないけど、こんな状態で
言われても恐喝に近い・・・だって、鷹尾くんは私の弱みを握ってるよう
なものだし・・・謝られても断り辛い事にかわりない。
 私は恥辱に顔を歪ませ・・・ブラウスの前ボタンを胸元のあたりだけ、
一つ一つ外していった。
「来見沢・・・」
 恥ずかしくて顔も上げられない・・・私は胸の部分だけを肌蹴させると
おっぱいを包み込む、ピンク色の綿レースをあしらったブラジャーを
露出させた。
「約束だからね・・・絶対秘密なんだからね・・・」
「ま、守るよ・・・」
 そう言った鷹尾くんの語尾は、息が荒かった・・・私のブラジャーや胸
元を見て、興奮したのだろうか・・・。

 ・・・うぅ、恥ずかしいよぉ・・・レミ、何でこんなコトしてるんだろ・・・

 初めて・・・おちゃん以外の男性に身体を見られる。後ろめたい、凄
く。私はブラジャーに手をかけた・・・何故か胸がドキドキする。

 『レミは人にスケベな所を見られて悦ぶ変態なんだよ』

 おちゃんの言葉が一瞬、脳裏を過ぎる・・・確かに私は人より変かも
しれない。でも・・・それは相手がおちゃんだからで・・・なら、何故こう
も胸がざわめくのだろう、ドキドキしてるのだろう・・・私は、見られた
いのだろうか。いやらしい姿を誰かに・・・?

 ・・・そ、そんなわけない・・・おちゃんの前だからだもん!! それより
 早くこんなコト終わらせなきゃ・・・

 私は雑念を振り払うように頭を振ると、意を決してブラジャーを引き
上げた。引き上げ、束縛を失った乳房が波を打つように、プルンと零れ
落ちる・・・年に不釣合いな大きなおっぱい・・・鷹尾くんの口元から息を呑
む音が聞こえてくる。恥ずかしい・・・私は羞恥から顔を赤らめた。
「これが・・・皆が憧れてる来見沢の生のおっぱい・・・」
 生の乳房に注がれる、鷹尾くんの食い入るような視線・・・鷹尾くんは
膝を折り、胸を覗き込むように顔を近づけてきた。
「や、やだ・・・そんな近くで・・・」
 私は焦って仰け反った・・・拍子に鷹尾くんの目の前でブルルンと乳房
が揺れる・・・彼の目は、尖りかけた乳首に向けられていた。

 ・・・や、やだぁ・・・乳首、勃ってる・・・

 寒さのせいなのか、それともまさか・・・違う、そんなんじゃ・・・心では
否定してるのに、子宮のあたりがキュンと小さく再び疼く・・・。

 ・・・そんなにじっとおっぱい見ないで・・・乳首見つめないでェ・・・

 視線から少しでも逃れたくて身体を動かすけれど・・・おっぱいがゆさ
ゆさ揺れてしまうだけで、鷹尾くんの目を愉しませているだけだった。

 ヒクン・・・ッ

 クリトリスが、彼の熱い視線に反応するように痺れる・・・乳房に注が
れる鷹尾くんの視線は揺れるたび、乳首を目で追ってくる。そして・・・

 ゴクリ・・・

 彼の喉が鳴った。
 心なしか鷹尾くんの身体がどんどん前に乗り出してる気がする・・・何
か今にもむしゃぶりついてきそうな勢いだった。

aniwata06.jpg

「た、鷹尾くん、じ・・・時間もないから、胸はもういいでしょ、その・・・
アソコ・・・見せるから・・・ッ」
 鷹尾くんを押しのけるように跳ね除けて、身体から引き剥がす・・・こ
のままじゃ何かされそうで・・・それ以上に自分の身体が反応しそうで怖
かった。
 鷹尾くんは我に返ったようにはっとすると、顔を赤らめた。
「あ・・・ああ、うん・・・ごめん」
 気まずい空気・・・私はスカートの裾を掴むと持ち上げて、少しだけ足
を開いた。
「こ・・・これでいい?」
 クラスの男の子にこんなコト・・・顔がカァっと熱くなる。恥ずかしく
て正面を見れない。私は顔を背けて極力、彼の方を見ないようにした。
「割れ目しか見えないよ・・・その、さァ・・・足、段にのっけてみてよ」
「そんなぁ・・・」
 嫌がってみたところで時間がかかるだけ・・・私は内心泣きそうになり
ながらも、両足を腰掛けている段にかける・・・丁度、体育座りで足首だ
けを外側に向けたような体勢をとる。
「よく見えないよ、ごめん・・・もっとさっきみたいに足開いてよ」
「これ以上無理だよぉ・・・」
 恥ずかしい・・・以上に、これ以上足を開いたらきっと開いちゃう・・・
ぱっくり、オマンコが開いちゃう・・・疼きかけて、濡れてるのがきっと
見えてしまう。これくらいならまだ外には見えない・・・だからこれ以上
は私は足を開きたくなかった・・・けれど、
「アソコ・・・もっとよく見せてくれるって約束だろ?」
 鷹尾くんは納得してくれなかった。






















































スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2011/11/23 00:59 | お兄ちゃんと私COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

お兄ちゃんと私❤3~レミ[2]

登場人物

♥来見沢秀一
  あまり普通ではない趣味を持つ大学生の男。頭は中の上くらいで、
  エッチに関する事にだけ頭が回る。モテるわけではないが、モテ
  ないわけでも特にない普通の容姿の男性

♥来見沢レミ
  秀一の7歳違いの。いつも頭をツインテールにしているロリっぽ
  い顔だちの巨乳美少女。しょうもないのせいであまり勉強は得意
  ではない


▼ レミ


「はぁ・・・ふぅん・・・はぅ・・・」
 特別教室しかない5階のトイレの個室・・・私はそこでヌルヌルの割れ目
に指を這わせ、自慰に深けっていた。
 卒業式が終わってから直ぐここに来たけれど、教室から遠く授業もな
い今日は、この5階のトイレを使う人は全然いなかった。
 最後のホームルームが始るまでの休憩時間の間に、火照った身体を少
しでも落ち着かせないと、歩く事も正直辛かったから・・・けど、トイレッ
トペーパーでいやらしいお汁でベトベトになったオマンコを拭いている
うち指が無意識に動いて・・・何時の間にか自慰に深けってしまったのだ。
「ぁうぁうぅ・・・穴にもぉ・・・♥」
 背を壁に預けて片足をパイプに掛けて大股開きにすると、空いている
片手を後ろに回してお尻の方からヌプリ・・・指を汁の溢れる穴へと差し
込む。でも、辛い体勢のせいで奥までは差し込めない・・・膣入り口で動
かすのが一杯でもどかしい。
「はぅ・・・あぁ・・・もっと奥まで欲しいよぉ・・・」
 入り口でくちゅくちゅ指2本をくねらせる・・・それでも痺れるような
甘い快感が膣口を蕩かす。感じすぎている私のオマンコは、ちょっと
した刺激でも堪らない快感が腰を突き抜ける。
「あっ・・・あっ・・・イイ、クリちゃんイィ・・・♥」
 勃起したクリトリスをシコシコ扱く・・・甘美な快感が堪らない。
「あぁん凄い・・・クリちゃんこんなおっきくなってるぅ・・・やらしい、
レミのオチンチンやらしい・・・」
 真珠大に肥大したクリトリスを見て興奮を掻き立てる。変かもしれ
ないけど・・・私は自分の大きくなったクリトリスとか見ると興奮して
しまう。凄くエッチな気分になってくる。
 ソフトタッチでゆっくりシコってた指の動きが激しくなっていく・・・
それに合わせるように穴を弄くる指の早さも増す。隠しようもない淫
らな水音・・・私のオマンコが奏でるいやらしい音・・・それにまた私は興
奮を覚えた。
「あッ・・・あッ・・・ダメぇ、もっと愉しみたいのにぃ・・・指が止まらない
よぉ・・・イクッイクッ・・・んぁああぁぁッ・・・!!」
 前に突き出した腰がビクンビクンっと痙攣する。膣内(なか)がき
ゅぅんとして、腰が蕩けそうに気持ちがいい。クリトリスでの絶頂は
大好き・・・ただこの後、オマンコにオチンチン挿れないと疼きが止まら
ないのが問題なんだけど・・・。
「ハァ・・・ハァ・・・おチンポ欲しいよぉ・・・」
 自分の指を出来る限り膣内(なか)の奥まで差し込む・・・でも、全然
自分の指では奥に届かなくてもどかしい。

 ぐちゅっ・・・ぐちゅっ・・・

 体勢を変えて激しく抜き差ししても、もどかしい快感しか得られなか
った。せめてここにバイブでもあればいいのに・・・そう思いながら、指
二本で膣肉を掻くように輸送する。
「うんッ・・・あっあっ・・・こんなんじゃ満足できな・・・おちゃん・・・ッ」
 ジンジン疼く部分を掻いても全然イけない・・・おちゃんを求めて、
私は悶え・・・それでも指を動かし続けた。


「ふぅ・・・」
 身体の疼きが大分マシになってきたので、私はトイレを後にした。
 教室があるのは3階なので、教室に向かうため4階の階段を降りてい
たところだった。
 階段の中ほどまで降りた時だった。下から私を呼ぶ声が聞こえた。
「やっと見つけた・・・来見沢、探したぜ。もうホームルーム始るよ」
 同じクラスの男の子、鷹尾くんだった。
 鷹尾くんは背が高くてスポーツも万能。顔も結構カッコイイので、
女の子から割とモテるタイプの男の子。でも結構照れ屋だからなのか
免疫があまりないからなのか・・・浮いた話は聞かない。
「ご、ごめんね・・・し、下のトイレ混んでるかなって思って・・・」
 しどろもどろに5階に行ってた理由を誤魔化す私・・・その時だった。

 ビュ~!!

 階段の踊り場の開け放たれた窓から突風が吹き込んできて・・・私の
スカートをふわっと持ち上げた。
 スカートの下はノーパン・・・このままじゃ鷹尾くんにスカートの中
を見られちゃう!!・・・私は急いでスカートの前部分を押さえた。
 ・・・その時だった。私はそっちにばかり気を取られていて、足元ま
で気が回ってなくて・・・私は足を滑らせて階段から滑り落ちてしまっ
た。下まで5段程度とはいっても・・・落ちたら痛いかもしれない。
「来見沢・・・!!」
 私を助けるためなのか・・・前進して手を広げる鷹尾くん。
「きゃっ・・・」
「あ・・・たたたた・・・」
 背中を少しだけ打ち付けたけれど、鷹尾くんが支えてくれたおかげ
なのか殆ど痛くはなかった。私はどうやら鷹尾くんの上に、仰向けの
状態で滑り落ちたみたいだった。
 私の下から鷹尾くんの痛みを堪える声が聞こえてくる。
「ご、ごめんね。ありがと、支えてくれて・・・痛かったでしょ?」
 下の鷹尾くんに礼の言葉を言って、上からどこうと上半身を起こそ
うとした時だった。
「う・・・うわぁ!!」
 鷹尾くんの驚きの声が聞こえる。
 私は今の状態を確かめるために急いで身を起こした。

aniwata03.jpg

 私は鷹尾くんの胸の上で足をがばっとM字開脚をした常態で・・・オマ
ンコを鷹尾くんの目の前に晒した状態で倒れていた。
 鷹尾くんは私のオマンコを食い入るような目で見つめ、声もなく唖
然としていた。
「きゃ・・・嫌ぁ、見ないで!!」
 私は急いで晒されたオマンコをスカートで隠し、鷹尾くんの上から
逃げるようにどいた。
「ご・・・ごめ・・・お、俺そんなつもりじゃ・・・」
 起き上がった鷹尾くんは困ったように謝る・・・鷹尾くんは悪くない
のに。鷹尾くんは支えようと、助けてくれようとしただけで、これは
事故みたいなものだ。
「れ、レミこそごめん・・・鷹尾くん、助けてくれたのに・・・これは事故
で・・・その、鷹尾くんは悪くないよ・・・謝らないで。助けてくれてあり
がと・・・」
 お礼と侘びを私は言うけれど・・・恥ずかしくて顔が上げられない・・・
少しの間、気まずい空気が流れて、私たちは無言になってしまった。

 ・・・見られた・・・おちゃん以外の男の人に見せた事もないのに・・・
 それだけじゃない、ノーパンの事まで知られちゃった、どうしよう、
 こんなの説明できないよ・・・

 顔も上げられない・・・顔はきっと真っ赤。どうしたらいいのか居心地
悪いまま、私は俯いていた。
 沈黙を破ったのは鷹尾くんだった。
「な、なぁ・・・何でその・・・は、履いてないの・・・?」
 何とも言い辛そうにしながらも、一番触れられたら困る事に触れて
くる鷹尾くん・・・おちゃんに盗られたからだなんて言えるわけ・・・な
い。履いてないこと自体おかしいのに、脱がせた相手がおちゃんな
んて・・・普通じゃない事くらい、もう私にも解ってる。
「き、聞かないで・・・教えられない・・・お願い、この事・・・秘密にして
誰にも言わないで・・・欲しいの」
 質問を否定した上、秘密にしててくれだなんてムシがよすぎるけど
・・・こんな事言えるわけがない。
 鷹尾くんは学区が違うから今後、会う事もそうそうないけど・・・クラ
スの子の中には同じ学区の子だっている。こんな事知られたら・・・学校
行けない。
「そ、そか・・・だよな、ごめん」
「う、ううん・・・レミこそ頼み事ばかりで・・・ごめんね」
 再び気まずい空気が1分ほど流れた。
「じゃ、じゃあさ・・・誰にも言わない代わり・・・その・・・」
 鷹尾くんは歯切れ悪く続ける・・・助けてもらった代償としては、とん
でもない交換条件を・・・!!
「その・・・さ、もっかい見せて・・・」
「え・・・?」
「だからその・・・誰にも秘密にする代わりに・・・来見沢のアソコ・・・もう
一回見せて」






















































2011/11/18 11:18 | お兄ちゃんと私COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

お兄ちゃんと私❤2~レミ[1]

登場人物

♥来見沢秀一
  あまり普通ではない趣味を持つ大学生の男。頭は中の上くらいで、
  エッチに関する事にだけ頭が回る。モテるわけではないが、モテ
  ないわけでも特にない普通の男性

♥来見沢レミ
  秀一の7歳違いの。いつも頭をツインテールにしているロリっぽ
  い顔だちの巨乳美少女。しょうもないのせいであまり勉強は得意
  ではない


▼ レミ


 やだ・・・どうしよう、感じてる・・・

 ガクガクと戦慄く足を懸命に踏ん張る・・・私は今、卒業証書を受け取
るために体育館の壇上に上がっていた。
 壇の下は1組のクラスの子たちの席・・・少し離れてはいるけれど、スカ
ートの中が見えちゃうかもしれない・・・ミニというほどは短くないけど、
膝小僧よりも上の長さのスカートだし、ロリータ系のデザインのスカー
トだから、ちょっとふんわりしてる・・・証書を受け取りに礼したら、1組
の前列の子には見えちゃうかもしれない・・・。

 ・・・あぁ・・・熱い、オマンコ熱い・・・感じちゃうぅ・・・!!

 内腿を暖かい液体が濡らす・・・それを留めるべきパンティを私は今、
履いてない・・・ノーパン・・・式が始る前に、おちゃんに取り上げられて
しまったから。
 見られそうと意識すればするほどオマンコの奥が疼き・・・熱く火照る。
 荒く零れそうな吐息を必死に飲み込んで、震える指で証書を受けとる
と、とにかく自分の席へ急いで戻る。
 ・・・これ以上意識していると、気を保ってられそうになかったから・・・。
 無意識に内股になって太腿を擦り合わせるように歩いてしまう・・・ずっ
と勃起したままのクリトリスが太腿に擦られて、歩いてるだけなのに気
が遠くなりそうなくらい感じる・・・式の予行練習では1分足らずだった距
離が、今では何倍にも思えた。
 零れそうな喘ぎ、荒くなりそうな吐息・・・それを何とか耐えて席まで
たどり着くと、へたり込むようにパイプ椅子に腰掛けた。

 ぬちゃ・・・

「んくぅッ・・・!!」
 開ききった濡れたオマンコが、合成皮張りの椅子のクッションに直に
あたり、私は小さく喘ぎを漏らしてしまう・・・勃起して剥き出しになった
クリトリスや、充血して肥大したビラビラが椅子の表面に擦れて、堪ら
ない快感が腰を突き抜けた。
「はぅ・・・ぁぁぁ・・・」
 口元にハンカチを押し当て、荒く口元から零れる吐息を殺す・・・他の子
たちは涙を拭くために使っているハンカチを私は・・・喘ぎを殺すために使
う・・・発情しきった身体は、今の衝撃で更に快感を求めてくる。

 ・・・こんなとこで・・・みんながいる場所で・・・ダメだよ・・・

 心ではそんな事を思いながらも、腰が勝手に動いてしまっていた。なる
べく周りに悟られないようにゆっくり腰を前後に動かす・・・ぐっしょりと
濡れたビラビラが椅子の表面に吸い付くように擦られ、くちゃくちゃと小
さくエッチな音を立てた。
「ふぅ・・・ぅん・・・くぅ・・・♥」
 包皮がずる剥けになったクリトリスが椅子に擦られる。エッチなお汁が
椅子の表面を濡らしてくれているから、凄く気持ちがいい。ゆっくりにし
か動けなくてちょっともどかしいけど・・・擦りつける度、きゅぅ~んとした
快感を送り込んでくれる。

 ・・・こんなところで・・・みんなもいる所でオナニーなんて・・・レミはやっぱ
 り凄くエッチな子・・・変態だ・・・

 恥辱を感じ、更に感じてしまう私・・・子宮がきゅんきゅんと疼く・・・イき
たい・・・クリトリスもオマンコもイきたい・・・こんなもどかしい動きじゃな
く、もっと激しく強くクリトリスを擦り付けて、ビラビラの中もぐちゅぐ
ちゅに擦りたい・・・。

aniwata05.jpg

 式の前におちゃんに散々焦らされて疼きっぱなしのオマンコ・・・クリト
リスもずっと勃起したまま・・・それを椅子の表面にグリグリ押し付けてオナ
ニーに深ける私。いけない事だって・・・恥ずかしくてイヤラシイ事だって解
ってるけど、止めらない・・・オマンコが疼いて、イきたがってる。
 隣りにはクラスメイト、後ろには卒業生の家族の座る来賓席・・・おちゃ
んもそこに座って・・・見てる。きっとおちゃんには気付かれてる。隠れて
いやらしいコトしてる私を見てる・・・きっとアソコを、オチンチンを大きく
勃起させて・・・私を見てる。

 ・・・あぁ・・・おちゃん・・・もっとレミを見て。いやらしいレミを見て感
 じて、レミでおチンポ勃起させて・・・

 背筋がゾクゾクっとする・・・お兄ちゃんを感じる時が、私は一番気持ち
良くなれる。一番感じる・・・だって、私はお兄ちゃんが大好きだから。
 3年前・・・殆どレ●プみたいにお兄ちゃんに奪われた処女とファースト
キス・・・あの頃は性に対する知識が全然なかったからただ怖かったけど、
今は幸せな事の様に思う。
 だって、愛する人に初めてを全部あげられたんだから・・・女の子にと
っては幸せなコトなのかなって・・・。
 お兄ちゃんが私を性奴隷としか見てない事なんて解ってる・・・恋愛の
対象として見てくれるなんて事ないって解ってる・・・でも、私が肉奴隷
でいる間は、お兄ちゃんは私だけのもの・・・だから私は、肉奴隷のまま
でいい・・・心が、例え満たされる事がなくても。それでも・・・。
 これを考えると決まって心に空洞ができたみたいな気持ちになって
しまうから・・・そんな時は身体を満足させる事で、私は空洞を埋める。

 ・・・あぁ・・・お兄ちゃん・・・お兄ちゃん・・・

「ふぅ・・・んっんっ・・・うン・・・♥」

 ・・・オマンコに欲しいよ・・・お兄ちゃんのおチンポ欲しいよぉ・・・

 無意識に激しく動きそうになる腰。擦れるビラビラからくちゅくちゅ
・・・小さいけどいやらしい音が耳に届いて、私はドキリとした。

 ・・・やだ、夢中でしちゃった・・・気付かれて、ないよね・・・

 チラチラと目を左右に向ける・・・よかった、誰にも気付かれてる様子
はないみたいだった。
 ホッと胸を撫で下ろした時、司会の先生の「卒業生起立」の声。私は
悟られないように急いでハンカチで濡らした椅子の表面をさっと拭いて、
皆と一緒に椅子から立ち上がる。椅子は・・・私のいやらしい液でびっしょ
りだった。
「卒業生による、仰げば尊し斉唱」
 オナニーに深けるうち、証書の授与も卒業生代表の言葉も終わってい
て、最後の仰げば尊し斉唱まで式は進んでいた。
 私の身体はまだ全然快楽を貪り足りてない・・・もっと気持ちよくなり
たいと、オマンコがヒクヒクと痙攣し、そして・・・とろりと膣内(なか)
から溢れ出た熱い愛液が太腿を濡らしていた。






















































2011/11/11 03:23 | お兄ちゃんと私COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。